私たち「かながわ女性史研究会」は

歴史学の専門家と、県内の女性史を研究する市民の集まりです

 トップページはこちらから ☜クリックしてご覧ください

 

                              会員それぞれからの短信「会員より」もご覧ください。

                                  NEW 横澤清子 粘土細工をアップしました

神奈川県立かながわ女性センター 1989年利用者100万人達成記念タイル(江の島の施設は、2015年3月閉館)
神奈川県立かながわ女性センター 1989年利用者100万人達成記念タイル(江の島の施設は、2015年3月閉館)

 

かながわ女性史研究会は、2016年に発足しました。神奈川県の近現代女性史を研究するグループです。1カ月に1回、横浜市西区の県民活動サポートセンターに集まって例会を開いています。代表は、江刺昭子。 

 メンバーは9人。歴史学の専門家と市民研究者の共同研究です。それぞれ総合女性史学会、史の会、六会文学サークル、平塚人物史研究会などに所属して、研究活動を続けています。

 『神奈川新聞』に連載した「時代を拓いた女たち」は、いずれ『時代を拓いた女たち』Ⅲ集として刊行する予定です。Ⅰ、Ⅱ集(2005年と2011年に神奈川新聞社から刊行)は、史の会編著で242人の人物のミニ評伝を掲載しています。 

 

                      かながわ女性史研究会

                       江刺昭子(代表)  小野塚和江  影山澄江  金子幸子

                       中積治子   野田洋子     三須宏子  星賀典子  横澤清子